TOPICS

企業業績改善好感し日経平均106円高

トピックス, 本日の株式市場

月初
2月1日(水)の
日経平均は
前日比106円高
19,148円
と3営業日ぶりに上昇しました
 
 
 
月末
1月31日(火)の
NYダウは
107ドル安
19,864ドル
と3営業日連続で下落しました

石油大手のエクソンモービルが減益決算を発表したことや
入国制限などトランプ大統領の政策が不安視されることから
米株式は売られました
 
 
 
トランプ大統領が
「日本は円安を誘導」と批判したことから
1ドル=112円台まで円高が進行し
外需企業の業績改善期待が後退したため
日経平均は下落して始まり
一時は
前日比125円安(18,916円)まで下げ
19,000円を下回りました

その後
1ドル=113円台へと円が弱含んだことや
10~12月の日本企業の決算が総じて堅調であることから
日経平均は上昇に転じました

ライオン<4912>
が上場来高値を更新しました
 
 
日経ジャスダック平均は
2円高
2,871円
と上昇しました

ヒラノテクシード<6245>(薄膜コーティング装置)
前日引け後に好決算を発表した
セリア<2782>(100円ショップ)
スタートトゥデイ<3092>(ファッションサイト「ZOZOTOWN」)
レーザーテック<6920>(半導体検査装置)
が大幅に上昇しました

ヒラノテクシード
が2013年以降の高値を

スタートトゥデイ
ヤーマン<6630>(美容器具)
レーザーテック
前週、好決算を発表した
SHOEI<7839>(二輪車用ヘルメット)
が上場来高値を更新しました
 
 
 
トランプ大統領の言動、政策で
株式市場は上下する状況が続くかも知れません

ただ
日米ともに
発表が本格化し始めた
10~12月決算において
好調な実績を発表した銘柄は個別で買われ
株式市場の下落は限定的となる可能性もあります

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン