TOPICS

シリア情勢嫌気せず日経平均133円高

トピックス, 本日の株式市場

週明け
10日(月)の
日経平均は
前週末比133円高
18,797円
と前週末に続き上昇しました

 

 

前週末
7日(金)の
NYダウは
6ドル安
20,656ドル
と小幅下落しました

この日発表された雇用統計において
雇用者数は市場予想を下回ったものの
失業率が低下したことから
雇用環境は良好な状況が続いている
との見方が広まり
ダウは上昇する場面がありましたが

米軍によるシリアへのミサイル発射を受け
リスク回避の動きが強まり
米国株式市場は売りが優勢な状況となりました

 

 

米軍がシリアにミサイル発射を発射したものの
米国株の下げは大きくなかったことから
投資資金は
リスク資産から回避する動きとならず
相対的に安全資産とされる円は売られ
週明けの東京市場では
1ドル=111円台へと円安が進み
日本株も買われる状況となりました

日経平均は
4月に入ってから下落傾向が続いていたため
短期的な反発を期待した買いも増えたようです

 

日経ジャスダック平均は
14円高
2,930円
と前週末に続き上昇しました

Hamee<3134>(スマホアクセサリー販売)
前週末引け後に好調な月次売上を発表した
シュッピン<3179>(レア中古品販売)
前週末引け後に好業績を発表した
ネクステージ<3186>(中古車販売)
エスクローエージェント<6093>(金融/不動産関連の事務作業支援)
が大幅に上昇しました

 

 

トランプ氏の政策運営不透明
米朝および米シリア関係緊迫化していることから
世界の株式市場は
短期的には
停滞状況が続く可能性があります

ただ
米国の景気及び企業業績は
他の国に比べ堅調な状況が続いている
と判断しています
相対的に堅調な米国経済が再評価され
ドルの下落には歯止めがかかると予想しています

回復しつつある中国をはじめとする新興国の景気が
日米を含む先進国の景気や企業業績を
更に押し上げると予想できることから
中期的には
株式市場は
上昇基調を続けることが期待されます

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン