TOPICS

ソラスト、株式分割

50音順, 6000番台, コード順, さ行, ソラスト<6197>, ソラスト<6197>, トピックス

医療事務の受託と介護事業を営む
ソラスト<6197>
は、6月30日時点の株主が所有する株式
1株を3株に分割する
と発表しました

 

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   

1~3月は19%増益

直近の四半期である
2018年3月期
第4四半期(18年1~3月)業績は
売上高:前年比20%増の200億円
経常利益:同19%増の11億6千万円
と順調です

受付、会計、診療報酬請求などの事務を受託する
医療関連受託事業は
売上高:前年比5%増(135億円)
営業利益:同9%増(15億2千万円)
となりました
新規顧客の獲得に加え
スタッフの離職率低下により
売上拡大が続いています

介護事業
売上高:前年比80%増(59億3千万円)
営業利益:同2.2倍(2億7千万円)
となりました
17年10月末に
ベストケア(デイサービス=短時間通所介護など提供)を
11月末に
日本ケアリンク(有料老人ホームなど運営)を
子会社した効果に加え
既存の
訪問、通所介護サービスの利用者が増加し
居住型介護施設の入居率が上昇したため
売上、利益ともに高い伸びとなりました

 

19年3月期は13%増益予想

19年3月期業績の会社予想は
売上高:前年比13%増の836億円
経常利益:同13%増の46億9千万円
ですが

これに対し
4月における
訪問介護のサービス利用者数は
前年比16.0%増(6,982人)
デイサービスは
同76.5%増(7,833人)
4月末における
グループホーム(認知症高齢者向け介護施設)の入居率は
前年比1.6ポイント上昇(99.1%)
有料老人ホームは
同4.4ポイント低下(94.3%)
サービス付き高齢者向け住宅は
同5.9ポイント上昇(98.0%)
となりました

ベストケア子会社化により
デイサービス利用者が
大きく増える状況が続いています
日本ケアリンク運営の施設は入居率が低いことから
有料老人ホームの入居率が低下していますが
今後の上昇が期待されます

医療関連業務の堅調持続が予想され
介護事業の高成長持続が見込めることから
会社予想を上回る業績が期待されます

 

(注)これは情報の提供のみを目的としており
特定の銘柄を推奨するものではありません
銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は
御客様御自身の判断にて御願い致します