TOPICS

フィルカンパニー、3~5月も増益期待

トピックス, 業績見通し

6月下旬から
決算期末が2月、5月、8月、11月である企業の
決算発表(2018年3~5月期) が始まっています

今後発表される四半期業績が好調な企業は
決算発表前後に株価が上昇し
その後も株価は堅調に推移することが期待されます

コインパーキング(時間貸し駐車場)のオーナーに対し
上部に建物(空中店舗)の建築を提案する
フィルカンパニー<3276>
は、直前の四半期である
17年12月~18年2月業績が好調であったため
3~5月も業績は良好であったと推測されます

 

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン
   

投資家向け物件も寄与

2018年11月期
第1四半期(17年12月~18年2月)業績は
売上高:前年比2.6倍の9億1千万円
経常利益:同13倍の1億円
(前年は8百万円と過小)
と売上利益ともに大きく伸長しています

一般地主向けに空中店舗/施設の提案する
企画料収入が順調であることに加え
投資家向けに自社で土地を購入し開発した物件を
売却したことから
売上、利益は大きく伸びました

 

提携による拡大も期待

上期(17年12月~18年5月)業績の会社予想は
売上高:前年比95%増の14億3千万円
経常利益:同3.5倍の9千5百万円
ですが

第2四半期(18年3~5月)が
売上高:前年比52%減の5億2千万円
経常損益:同2千7百万円悪化の8百万円の損失
(前年は1千9百万円の利益)
と、売上が大幅に減少し経常損失となっても
会社予想を達成できます

SBIマネープラザ(空中店舗を投資対象とするファンド)
飲食店向けマーケティング会社(飲食の空中店舗)
日本郵政キャピタル、いちご株式会社(土地の有効活用)
などとの提携により
ホステル(旅行業法に基づく簡易宿泊所)
小規模保育園
フィットネスクラブほか
店舗、小規模施設と
コインパーキングを組み合わせた物件の開発は
今後更に増えることが期待されることから
上期業績は会社予想を上回る公算が大きい
と考えています

 

(注)これは情報の提供のみを目的としており
特定の銘柄を推奨するものではありません
銘柄の選択などの投資にかかる最終決定は
御客様御自身の判断にて御願い致します