TOPICS

日経平均265円高、連日大幅上昇

トピックス, 本日の株式市場

16日(水)の日経平均は
前日比265円高
22,472円
と前日に続き大幅に上昇しました

 

15日(火)のNYダウは
237ドル高
27,024ドル
と大幅に上昇しました
金融大手とヘルスケア関連企業が好決算を発表したことから
今後発表が増える主要企業の7~9月決算に対する期待が高まり
ダウは大幅に上昇しました

 

米国企業業績の好調期待
ダウの大幅高を受け
日経平均も大幅に上昇しました
1ドル=108円台60銭へと
前日(30銭台)比べ
円安ドル高が進んだことも
外需企業の業績悪化懸念を和らげ
日本株の買い安心感に繋がりました
ただ
米国下院における
香港人権・民主主義法案の可決に対し
中国が報復を示唆
と報じられたことから
株式を売る動きも強まり
日経平均は上げ幅を縮小しました
アドバンテスト<6857>
が2013年以降の高値を更新しました

日経ジャスダック平均は
3円安
3,410円
と3営業日ぶりに下落しました
前週末好決算を発表した
ベイカレントコンサル<6532>(経営・IT活用コンサル)
が大幅に上昇しました
ベイカレントコンサルが
上場来高値を更新しました

 

今後発表が本格化される
米国企業の7~9月決算が良好であれば
米国株は上昇を続ける可能性はあります
ただ
海外依存度の高い製造業が
伸び悩む決算を発表する可能性もあります
米中は今後も政治・経済分野で対立し
株価の波乱要因になり得るでしょう
日本については
9月下旬に発表が始まる
主要企業の決算が伸び悩みを示す可能性があり
株式市場の反発は持続しないことも予想されます

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン