TOPICS

日経平均32円高もTOPIXは2ポイント安

トピックス, 本日の株式市場

12日(木)の日経平均は
前日比32円高
23,424円
と3日ぶりに上昇しました

 

11日(水)のNYダウは
29ドル高
27,911ドル
と3営業日ぶりに上昇しました
FOMC(連邦公開市場委員会)が
政策金利の据え置きを決定したことから
低金利政策が続くとの見方が広がり
株式を買う動きが優勢となりました
ただ
15日(日)予定の米国による対中追加関税の発動を前に
積極的な売買は手控えられる状況が続いており
ダウの上昇は限定的でした

 

米国の低金利政策継続見通しから
日米金利差の縮小を見込んだ
円買いドル売りが増え
一時は
1ドル=108円40銭台と
前日午後(70銭台)に比べ
円高ドル安が進みました
このため
外需企業の業績悪化がやや懸念され
日経平均は下落して始まりましたが
米国市場で半導体関連株が買われたことから
東京市場でも関連株が買われ
株式相場を押し上げました
ただ
本日の英国総選挙
15日予定の米国による対中追加関税の発動を前に
株式を売る動きも根強く
日経平均は上げ幅を縮小しました
東証1部の値上がり銘柄数(708銘柄)は
値下がり数(1,342)を大きく下回りました
TOPIXは
2ポイント安(1,712ポイント)
と下落しました
ソニー<6758>
が2013年以降の高値を
第一三共<4568>
伊藤忠商事<8001>
が上場来高値を更新しました

日経ジャスダック平均は
3円安
3,735円
と15営業日ぶりに下落しました
前週好調な月次売上を発表した
アイケイ<2722>(化粧品・雑貨通販)
が大幅に上昇しました
建設技術研究所<9621>(建設コンサル)
が13年以降の高値を更新しました

 

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン