TOPICS

太陽ホールディングス、利益を上方修正

4000番台, 50音順, コード順, た行, トピックス, 太陽<4626>, 太陽<4626>

プリント回路基板用絶縁インキを製造する
太陽ホールディングス<4626>は
2021年3月期
上期(20年4~9月)業績予想について
売上高を
期初の403億円から386億円(前年比24%増)に
下方修正した一方
経常利益を
同じく50億円から67億円(同71%増)に
上方修正しました

半導体パッケージ(接続・保護部材)およびプリント基板用インキが
車載向けに伸び悩みました
また
医療用医薬品の製造についても
新型コロナウイルス感染拡大により
通院者が減少している影響を受け
一部製品の販売が伸び悩みました

ただ
利益率の高い半導体用インキが伸長したことや
コロナ感染の影響で
交通費をはじめとする費用が抑制されたことから
経常利益は期初予想を上回りそうです

 

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン