TOPICS

日経平均210円高も値下がり銘柄多い

トピックス, 本日の株式市場

4月1日(木)の日経平均は
前日比210円高
29,388円
と上昇しました

3月31日(水)のNYダウは
85ドル安
32,981ドル
と前日に続き下落しました
これまで上昇が目立っていた景気敏感株に
短期的な利益確定と見られる売りが増えました
ただ
この日バイデン大統領が発表したインフラ計画に
半導体、AI(人工知能)に関する投資が盛り込まれていたことから
ハイテク株が買われました
S&P500指数は
14ポイント高(3,972ポイント)
ナスダック総合株価指数は
201ポイント高
(13,246ポイント)
と上昇しました
ダウは月間では
2,049ドル(6.6%)上昇しました

米国におけるハイテク株高を受け
東京市場でも半導体関連株を買う動きが見られました
取引時間前に発表された
日銀短観(全国企業短期経済観測調査)において
大企業・全産業の設備投資計画が市場予想を上回ったことから
設備投資関連銘柄の買いも目立ちました
日経平均は一時は
前日比406円高(29,585円)まで上昇しました
ただ
米国で景気敏感株が下落したことから
東京市場でも
鉄鋼・空運・石油石炭・海運・非鉄金属・陸運などが売られ
東証1部の値上がり銘柄数(861銘柄)は
値下がり数(1,261)を下回りました
アドバンテスト<6857>
が2013年以降の高値を
伊藤忠商事<8001>
東京エレクトロン<8035>
が上場来高値を更新しました

日経ジャスダック平均は
98銭安
3,937円65銭
と下落しました
ケアネット<2150>(医師向け情報サイト)
が大幅に上昇しました
新光電気工業<6967>(半導体保護・接続部材)
が13年以降の高値を更新しました

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン