TOPICS

日経平均11円安も値上がり銘柄多い

トピックス, 株式投資のネタ

18日(木)の日経平均は
前日比11円安の35,466円
と3日連続で下落しました

 

17日(水)のNYダウは
94ドル安の37,266ドル
と3営業日連続で下落しました
この日発表された小売売上高が市場予想を上回りました
消費を中心に景気は堅調との見方から
早期の利下げ期待が後退し
株式を売る動きが強まりました
消費堅調・早期利下げ見通し後退を受け
長期金利が上昇したことから
金利上昇時に株価指標との比較から売られる傾向のあるIT(情報技術)株が下落しました

 

1ドル=148円台へと前日午後(147円台前半)に比べ円安ドル高が進んだことから
輸送用機器(自動車)、ゴム(タイヤ)をはじめ
海外売上の大きい業種が買われ
日経平均は上昇して推移する場面がありました
米国市場ではIT株が売られましたが
製造装置など半導体関連株は
(業績改善期待からか)東京市場では買われました
東証プライム市場における値上がり銘柄数は863銘柄と
値下がり数:729を上回りました
ただ
前日の中国の国内総生産(GDP)発表を受け
中国のデフレ圧力が懸念され
上海株式相場が連日下落していることや
日経平均は一昨日までの6営業日で2,613円上昇し
バブル崩壊後の回復局面における高値圏で推移していることから
東京市場の上昇局面では短期的な利益確定とみられる売りが増えました
ブリヂストン<5108>、トヨタ自動車<7203>が上場来高値を更新しました

東証スタンダード市場指数は
1ポイント高の1,200ポイント
と3日ぶりに上昇しました
コメ兵<2780>(ブランド品のリサイクルショップ)
Japan Eyewear<5889>(高級眼鏡店)が大幅に上昇しました
グリーンズ<6547>(中部地盤のホテル運営)が上場来高値を更新しました

この内容は有料会員に制限されます。 あなたが会員登録済みであれば、ログインしてください。

既存ユーザのログイン